ハッピーバースデー今日は1年に。 ハッピーバースデートゥーミー

ハッピーバースデー!!!

ハッピーバースデー今日は1年に

タイトルを読んで字の如く、本日めでたく1歳の誕生日を迎えました。 誰の誕生日だよ?って話ですよね、そうです私です。 生粋のジャニオタの私がJr. 担としてこの世に生を受けてから今日でちょうど一年が経ったんです(祝) 遡ること1年前、私が「彼を応援する」ことを決めたのはお布団の中でした。 ??????? ですよね。 以下、あんまり理解してもらえなそうな身の上話です。 その日私は何故かまったく眠れなくて、今まで気にはなっていたけどじっくり見たことの無かったJr. チャンネルのとあるグループの動画を見ていました。 灯りを消して真っ暗になった部屋の中、ベッドに潜り、一通り見終えたところでした。 「そういえばこのグループってweb連載やってるのかな?」と。 ふと気になった私はそれからすぐにを開いてJwebに飛び、彼らが連載を持っていることを知りました。 以前から気になっていた彼の個人ページを開いてその時読める全てのバックナンバーを読んだ私、 「この人のこと、応援したい」。 気付けばカーテンからは朝の日の光が漏れ出し、眠いのか眠くないのかよく分からない朦朧とした意識の中、こう思ったことは未だはっきりと覚えています。 正直自分でも自分に刺さるツボよく分からないな〜と思うのですが、私が彼のファンになる決め手になったのはブログでした。 ブログ落ちって絶対普通じゃないと思っているけど、私以外にブログ落ちっているのかなあ…もしいたら友達になってください。 ただ、ブログだけで「すき!」となった訳ではなく、それまで動画の中で見て抱いていた「天真爛漫でフリーダムに生きてる男の子」という彼のイメージと、個人ブログで見せる「アイドルらしさ」の二面性が私の心にしたんです。 (当時読んだブログ、何かしらの形で記録しておけば良かったなあ) 自分の言葉で、かつ、見ている人にもちゃんと伝わるように。 普段変なこと言ってへらへら笑ったりしてても、心の内では私なんかには想像できないくらい色々なことをちゃんと考えてるんだろうな、アイドルとしての自分をしっかり捉えられてるんだろうな、って。 ひらがなで埋め尽くされたその可愛らしい文章を眺めながら、直感でそう感じたんですよね。 私は今でも、月に一度の彼のブログを読むのがとても楽しみです。 彼が紡ぐ文章を読んでいるとどんな時でも笑顔になれるの。 いつもありがとう。 とまあこれが私が沼落ちに至るまでの経緯なのですが(本当はこれの前にもちょっぴり布教して貰ってはいたのだけれど)、この時からもう1年も経ったのか〜〜と考えると時の流れがめちゃめちゃ早くてびっくりしています。 というかもう2,3年くらい経ったテンションで生きてたんですけど違うんですね。 驚きを通り越して恐怖すら感じます。 なんでそんなこと思うのかって話になるんですが、この1年は、たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくさんの初めての経験と、楽しい経験と、ちょっとしんどいかもなって思った経験と、やっぱりハチャメチャに楽しい経験とを通してきた激動の1年だったからです。 1年の間だけでこなしたとは思えない程の沢山の現場で彼らに会うことが出来て。 を通して出会えた大好きな同志達ともいっぱい話して仲良くなって。 (何故か分からないけどデビュー組担としてアカウント持っていた時よりも友達いっぱいできた) デビュー組だけを応援してた時より、良い意味でも良くない意味でも"数字"を気にするようになって。 時に己を奮い立たせる"原動力"になったり、"現実"という形で私達にのしかかってきたり、かと思えば目に見える"成果"となって現れてくれたりね。 とにかくね、私はJr. 担だー!って自覚を持ってからのこの1年は初めてのことばかりで本当に本っ当に楽しかったんです。 過去形で書いちゃったけど今だってものすご〜く楽しいんだ〜〜〜! かつて友達に言われました、「Jr. 担マジで楽しいからこっち来なよ」って。 私その時軽く流しちゃったんですが、今こんなことになるなんて想像もしてなかった。 というか想像出来なかった、こんな未来があるなんて。 というのも、ずっとデビュー組担だった私は「Jr. はバックで踊ってる子たち」「デビューするまでの下積み時代」っていうのオタクだったんですよ。 少クラとかでも、担当グループ(デビュー組)の出番が来るまでボーッて眺めて「頑張ってんなあ」ってなるだけ、みたいな(他方から殴られそう)。 でもさ、時代が移ろいで、私達が生きている社会もも目まぐるしく変化してって、それに応じるように事務所のやり方も変わってきて、いつのまにか私の考えも変わってたの。 「Jr. は"主役" になれる子たちなんだ」って。 かつてそういう風に思ってたのは、ただ単にこれまで自分がJr. の文化というか歴史というかそういう核心的な部分に触れてこなかったからっていうのもあると思うんだけどね。 でも、考えを改めるきっかけになったとか島(アプリインストールして初めて動画見た時の衝撃たるや)とかいった無料で配信される豊富すぎると言っていいほどのコンテンツだったり、メディアではジャニーズJr. という括りはありつつ(最近はそういう表記無かったりもするよね)グループ名ちゃんと出してもらってたりするの見てたらさ、否が応でもそう思えちゃったんだよ。 なんかとんでもない時代に生きてるよね私たち。 そしてジャニーズJr. もすごい。 話戻しますね。 自分が触れようとしなかっただけで、ジャニーズJr. ってたくさんの人たちに知られるべき存在なんだな〜、いろんな場面で主役になれる存在なんだな〜と思うなどしながら、Jr. の沼に片足を突っ込んだ私はそのままズルズルと底の方へ沈んでいきました。 ちなみに現在も進行中です。 まだ底は見えません。 マジで無限ですよね。 それでもまだまだその先に潜って行きたいなー!って思わせてくれるのが彼らの、彼の、魅力なのかなと感じます。 その魅力が具体的に何なのかっていうのはいつも言ってるし永遠に止まらなくなってしまうので敢えて書くことはしないけど、そんなになっちゃうくらい毎日新しい発見があって、毎日「好き」っていう感情が更新されていくのが本っっっ当〜〜に楽しいんだよね!昔の私、見てるか〜!わたし今ね、本当に本当に楽しいんだよ〜〜〜!私がこの先大好きになる人のおかげで毎日幸せなんだよ〜~~〜!聞いてるか昔の私〜!!! とどのつまり、1年経って何が言いたいかって、誰もが主役になれるジャニーズJr. ひとりひとりの物語の中から、あなたが主人公の物語を選んでよかったってことなんだよ。 まだ最後のページには辿り着かないけれど。 私の選択肢は間違ってなかったんだなって、画面の向こうのあなたの笑顔がそう思わせてくれる。 この1年間ずっとそうだった。 この先どんな素敵な結末が待ってるんだろう、これからもワクワクしながらページを捲っていくね! Jr. 担としての私はまだまだ歩くことすらままならないけど、そんな私を顧みず歩みを止めないあなたについていけるように。 自分のペースで楽しく成長できる年になるといいな。 どうやって締めようかなって悩んだけど、1歳になってちょっとだけ喋れるようになったから、真似してみる。 「げんたくんのこと、うちゅーいちあいしてます」 書いてて恥ずかしくなりました!!おわり!2年目のわたしもよろしくね!! verttigre.

次の

ハッピーバースデー🎁🎂🎉

ハッピーバースデー今日は1年に

くる天 プロフィール 板垣英憲 さん 地域: 埼玉県 性別: 男性 ジャンル: ニュース 政治・経済 ブログの説明: 世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報 特ダネ をキャッチして速報する。 板垣英憲の過去著書も連載します。 a-eiken. com カテゴリ アクセス数 総アクセス数: 1911278 今日のアクセス: 586 昨日のアクセス: 1001 RSS カレンダー 2020年07月 日 月 火 水 木 金 土 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 携帯用アドレスQRコード QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。 ブログ内検索 2019年10月29日 6時11分の記事 トランプ米大統領は安倍晋三首相を「とても良い友人」と呼び「ハッピーバースデー!彼は今日で39歳になった」と半月遅れの誕生日を祝った。 トランプ米大統領は10月7日、ホワイトハウスで行われた日米貿易協定の署名式典での挨拶のなかで「とても良い友人」と呼び「ハッピーバースデー!彼は今日で39歳になった」と半月遅れの誕生日を祝った。 1954年9月21日生まれの安倍晋三首相は現在65歳なので、トランプ大統領の発言の意図が不可解で話題を呼んだ。 しかし、この言葉は、安倍晋三首相を超恐怖に陥れている。 「39歳」はバーコードの規格である「Code39」を意味し、バーコードは「檻の中」、つまり「逮捕」を意味しているからである。 そのことを知った安倍晋三首相は、米国のある超大物人物に泣きついたのだが。 日本の政局は。 これは、自民党派閥「志帥会」 会長:二階俊博幹事長 と「志公会」 会長:麻生太郎副総理兼財務相 に深く食い込んでいる政界事情に詳しい専門家のトップ情報である。 [] このブログへのチップ 1070pts.

次の

トランプ米大統領は安倍晋三首相を「とても良い友人」と呼び「ハッピーバースデー!彼は今日で39歳になった」と半月遅れの誕生日を祝った。この言葉は、安倍晋三首相を超恐怖に陥れている

ハッピーバースデー今日は1年に

内容紹介 【初回特典 封入 】ステッカー 25周年記念SG。 揺れ動き、切なく、しかし強い意志が込められたthe pillowsの新たな代表曲登場! 2013年9月16日からいよいよ結成25周年期間に突入するthe pillows。 そして結成日に記念シングルをリリース。 絶望と希望の狭間で揺れながらも確かな一歩を25年に渡り踏み続けた彼らが、 自らをロックミュージックとして体現したかのような名曲がここに誕生する。 コンスタントにリリース、ライブを続けてきた彼らにとって、そしてファンにとっても長すぎる活動休止期間を経て、 ついにポップロックモンスター、ザ・ピロウズが再始動。 そしてこのシングルをもって25周年の様々なイベント、ライブ、リリースが始まる。 15週年のミスチル、バンプetcが参加した豪華トリビュート、20周年のBEST盤、初となる日本武道館公演、 周年ごとに新たなファンを増やし続ける彼ら。 25周年はこれまで以上の盛り上がりを期待できる。 揺れ動き、切なく、しかし強い意志が込められた楽曲を収録。 C RS 転換期に生まれた名曲だと思います。 バンドの活動休止を、自殺未遂になぞらえた曲で、 ピロウズの曲の中でも屈指の重いテーマを扱った曲だと感じました。 本当に自殺未遂をして自分の体を傷つけるまでいかなくても、 そういう目に見える形として表れなかったとしても、 頭の中で、心の中で似たようなことが起こっている人は多いように思います。 そんな風に未来を悲観して、全てを終わらせるために目を閉じる。 だけど、気がついたらまた目を開けている。 これを何度も何度も繰り返す。 「先入観でくすんだ未来図も 塗り替わっていく 明日が今日になって」 という歌詞に全てが集約されているように思います。 「お前の未来予知なんか当たるわけないだろ」と言われているみたいで とても勇気付けられました。 聴き終わる頃には、それこそ電球の光のような小さな光が僕の中で輝いていました。 MVに出てくる「切れかけの電球」というアイテムのチョイスも流石で、 ピロウズのMVの中ではベスト3に入るぐらい好きなMVになりました。 シングルなので3曲と曲数は少ないですが、ハッピーバースデー以外の2曲も めちゃくちゃ良いので、はっきり言って7、8曲ぐらい入っているミニアルバムを聴くぐらい 聴き応えはあります。 アルバム待ちの人もぜひ買うことをオススメします。 映像の最後に少し驚きつつ納得。 2013年9月16日、the pillowsは25周年に突入した。 24年前に生まれたピロウズは、決して順風満帆ではない道のりを歩いてきた。 いや、むしろ苦難の道のりであった。 しかし、着実に歩き続けた彼ら"ロストマン"は、 多くの仲間"バスターズ"と、 自分達の奏でる音楽に対する自信を手にした。 ・ この「ハッピー・バースデー」は、 間違いなく新たな代表曲になり、 25年の道のり、そしてその先へと進み続けるための印になる。 彼らの四半世紀の歴史を知る人は、涙無くして聞ける唄ではないだろう。 「ハッピーバースデー 思い出したんだ 生きていること」 「先入観でくすんだ未来図も 塗り替わっていく」 「もういいやって 立ち止まった足は動く」 真っ直ぐでない道を 真っ直ぐな信念で進んできた彼らの葛藤・苦悩・希望が入り混じった歌詞が点在している。 そして、その言葉は長年のバスターズだけでなく、 ファン歴の浅いリスナー、 さらには新規リスナー・YouTubeで偶然出会った人にすら共感を与える。 ピロウズはただのロックバンドではない。 魂で歌い奏で、人に届ける力を持ったバンド。 ・ 25周年へとスタートした彼らの少し後ろを着いていこう。 おかしな動物達を連れ立って、 豪勢な街を抜け、虹をくぐって、 ロストマンは何を見るのだろう。 発売した頃に購入した者ですが…、今思い返してもとても素敵な3曲です。 シングルというよりは、トライアルとリンクしたミニアルバムのような気がします。 ハッピー・バースデーは元々ソロアルバム用の曲で、テーマがとても暗い曲です。 この曲は25周年に向けてのバースデーソングとして捉えると、少々薄っぺらく聞こえてしまうかもしれないですが ネガティブな想像を抱えながら前に進んでいく感情を歌詞や言葉だけじゃなくて、曲全体でそう聴かせているのがとても良いです。 テーマが人間臭いところが大好きでバンドソング云々よりも曲として、個人的にとても特別な曲です。 都会のアリスは、他2曲がしっとりしている曲なので聴きやすくていいです。 でも今思うと、この後ロックンロールの曲が多くなるのでそういう方向性を示した曲だとしたら結構重要なポジションの曲かもしれない気がします。 最近の曲と比べるとまだ少しどんよりしているので、そこが不気味でかっこいいです! クオーター 莫逆の友ですが、表題曲よりもこの曲がアニバーサリーソングだと思います。 感謝の曲でもあるけど、身近な人との最悪な別れっていうピロウズでは他に無いタイプの曲じゃないかな~。 ハッピー・バースデーみたいな曲も、この曲みたいな曲は2度と出ることはないだろうと思います。 諸々は置いておいて…私はさわおさんのソロが人生初のライブだったので、特にソロツアーについて触れてくれたのはとても嬉しかったです笑 2013年という割と近代で、50位のおじさん達がここまで繊細で今にも消えそうな曲を世に出せるというのは ピロウズだから当たり前のようにやってのけていますが、本当にとんでもなく凄いことだと思います。 このシングルから時間が経ち、この時よりも多くのアーティストを聴くようになってからよりそう思いました。 とてもパワーがある、非常におすすめのシングルです。

次の