赤ちゃん 名前 付け方。 【男の子の名前人気ランキング】自然にちなんだ名前や漢字一文字が人気?響きのよさや珍しさなど、決め方や傾向をチェック

名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介

赤ちゃん 名前 付け方

年相応という事も考えてあげましょう とっても、可愛いペットのような名前やキラキラネームをつける方がおられます。 赤ちゃんのときは呼んでも可愛くていいのですが、大人になってから、おばあさんになってから、どうでしょう。 困るのはお子さんです。 特に就職のときには人事担当者によるとキラキラネームは親御さんの意識や人格まで疑うそうで、書類審査の時点で選考外にすることが多いそうです。 お子さんが将来困っても恥ずかしい名前つけますか?自己満足ですか?と自分に問いかけてみることです。 読めない名前は避けましょう DQN(ドキュン)とはインターネット用語で常識を逸脱した人という意味を持っており、DQNネームとは、変わりすぎているおかしな子供の名前を蔑む意味合いで蔑んでいる呼び方です。 こちらも就職に不利だそうです。 また、読めない名前は何度も聞き返されるので、役所や病院ではもちろん、幼稚園学校に上がってからは本人の言い直しなどはストレスとなるようです。 赤ちゃんのうちは親御さんができますが、言い直しの煩わしさから、せっかくつけてもらった自分の名前が嫌いになる女の子も多いそうです。 いじめの原因にもなることもあるのでお子さんの将来を十分考えて慎重につけてあげましょう。 濁音の入る名前は避けよう 男の子には濁音をつけても大丈夫ですが、女の子には濁音はつけないほうが良いでしょう。 女の子の濁音は凶名で、後家や孤独の相を暗示するといわれます。 今はそうでもありませんが、四季や花の名前は移り変わるとか散るいう意味合いであまり良くないといわれます。 しかし、お花の名前は愛らしいし幸せになれるとも言われますので、どうしてもつけたければ気にしないことです。 画数に関しては結婚で姓が変わりますが今の苗字で考えるのがよいでしょう。 芸能人のような名前は避けよう 花鳥風月などの文字を入れた名前や華美な芸名のような名前は一般のご家庭で育たれる女の子にはふさわしくないでしょう。 赤ちゃんのうちは可愛いのでしょうが、大人になってからの他の人からの印象が軽い女性に思われるからです。 花柳界や芸能界むけの名前は一般の個人にはふさわしくありません。 華やかな派手で遊び好きな女性になって欲しいと願うご両親はあまりいないことと思います。 また有名人とおなじ名前にしますと、病院などで呼ばれたときに周囲からの大注目となってしてしまうことがあります。 特にあの芸能人と同じ!と名前負けと言われ恥ずかしい思いもしたりする場合もあります。 奇抜な名前がまた本人のストレスにならないようにしたいものです。 人の名前から引用してはいけない 両親の名前から取ったり、偉人の名前をもらったりということが良くあります。 しかし、名前というのは因縁を引き継ぐ事があるので、良くも悪くも避けたいものです。 偉業だったからとか、幸福に見えるから、そうなって欲しいという安直な理由だけでつけてはならないのです。 赤ちゃんはその家に生まれてきて、その女の子はその子だけの人生です。 その子の人生ですから、わざわざ他の因縁を大事なわが子に背負わせ引き継がせることは親としてやってはいけません。 苗字とのバランスを取ろう いい名前が思いついて納得していても、苗字とのバランスを見なければいけません。 気になる方は画数もですが、読み方は大丈夫でしょうか。 自分で何度も名前を読んだり呼んでみましょう。 姓と名前の区切りはどうでしょうか、、イニシャルも大丈夫でしょうか、 姓と組み合わせで変な語呂はでてきませんか、外国語で変な意味になることも考慮して見ましょう。 女の子なのに男の子っぽくないでしょうか。 これらをチェックしてください。 音が気になったら電話で誰かに聞いてもらっておかしくなければ大丈夫でしょう。 女の子とわかる名前にしよう 面白がって赤ちゃんが可愛いからと安直につけてしまっては女の子の一生は台無しです。 こんな子になって欲しいという願いから名前をつけられることと思います。 誰も不幸になって欲しいと願う親などいません。 お子さんが一生使う名前ですから、問題なく愛着を盛ってくれるようにしたいものです。 名前はその人を現す、単なる識別でなくその人自信の顔なのです。 最近は名前を見ただけで男女どちらか、または逆かわからないことがありますが、お子さんにとってはストレスです。 奇をてらうことや思いつきは個性ではなく名前をつけられた本人にとっての苦痛になります。 一生大事にしてもらえる名前をつけたいものです。 いかがでしたか。 女の子の名前は赤ちゃんのうち可愛いからといって何でもつけていいわけではなく、そのお子さんが成長しても愛着をもてるようにしたいものです。 濁点は幸薄い女性になるそうですし、芸能人のような名前は軽い女性に見られることもあり女の子の名前をつけるは難しいかもしれません。 また人の名前や偉人の名前をつけると縁を呼び込むことになるので避けましょう。 特に、就職活動で書類選考で落とされるような名前だけはやめてあげましょう。 読めない名前も、言い直しに時間がかかり本人のストレスになります。 つけた名前を背負っていくのは今は赤ちゃんで可愛いだけでしょうが、将来はレディになるあなたの娘さんです。 女の子らしい、わかりやすい、呼びやすい親しみのある名前をつけられるとお子さんも大人になってから感謝されることでしょう。

次の

赤ちゃんの名付けってどうしてる?付け方と考え方

赤ちゃん 名前 付け方

出産10日前にして、いよいよ赤ちゃんの名付けも決めなければいけなくなってきた。 出生届は 深夜に生まれた時刻、日時も含めて生後14日以内に提出なので、それまでに必ず決めなければいけない。 これ、正当な理由なく期限を過ぎると、 5万円以下の罰金があるらしい。 罰金はさすがに知らなかったなあ。 この子が働く頃にはもっとグローバル化されてるやろうし。 今は四択くらいになったので後は顔を見て決めたいと思っている。 — Shibata Manami manami1030 パッと読むための見出し• 赤ちゃんの名付けの考え方 知り合いにいない これはそもそも名前自体に先入観があったりすると、子育てをするにもなんだかかぶってしまうなあと思い、知り合いにいないことが条件、として挙げている。 あとは芸能人で同じ名前の人がいたりしても、強烈なイメージとかがあったら思い出してしまうかなと。 だって、例えば 一郎なら、誰だって あの野球のイチローを連想するし ゆきなや あきななら、もうあだ名は ユッキーナ、アッキーナになりそうじゃない。 ?笑 という具合で、知り合いや、著名な芸能人にいる名前は避けることにした。 外国圏でも通じる もうひとつ、こっちのほうが重要。 外国圏でも通じたり、発音できたりすること。 最近痛感するのが、外国人に自分を紹介して名前を呼んでもらう際に、 やはり覚えてもらいやすい名前がいいなということ。 笑いながら呼んでくれます。 仕事上でも外国人とやり取りすることが多くなってきたこのご時世、この要件はなかなか必須かなーと思います。 海外旅行に行ったりして外国人の友達ができる、なんてザラだし、同じ職場に外国人がいることもザラ。 この子が働きだすであろう20年後なんて、 もっと日本にも外国人がいて、日本からもたくさんの日本人が外国に行って働くような、そんなグローバル化の時代になっているだろうし。 まあ、だからこそあえての「和」の日本っぽい名前をつけてもいいのかもしれない。 最近の名付けではあまりみない、~子とかね。 うちの場合は外人にも呼んでもらいやすい名前を探してみました。 下記のNAVERまとめとか、結構参考にしたり。 【PR】妊婦さんへ:葉酸は取れていますか? とくにつわりでつらい妊娠初期なんかは、赤ちゃんの体を作る上でもとても大事な時期です。 赤ちゃんの頭や脳などが作られているんですね。 そこで重要なのが、母親がきちんと栄養を取れているか?ということです。 とくに 「葉酸」をきちんと取ろうと言われていて、私もそれだけは親に言われてきちんと取っていました。 食事があまりとれなくとも、この葉酸だけは取りましょう。 というか、取ってほしいです。 なぜなら、この葉酸が不足すると、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)が起こる可能性が高くなり、危険だからです。 厚生労働省は、妊娠の可能性のある人にたいして、葉酸を摂取するように言っています。 そこで、数ある葉酸サプリの中でおすすめなのが、「ベルタ葉酸サプリ」です。 安く売られている葉酸サプリも同じなのでは、と私も思っていたのですが、 入っている栄養成分が全然違うようです。 こちらは厚生労働省も推奨している栄養価の高い成分を配合していて、めちゃくちゃ売れている葉酸サプリなんですね。 栄養士も推奨している、高品質な葉酸サプリです。 雑誌「たまごクラブ」にも掲載されています。 赤ちゃんのためにも、つわりで食事は取れなくとも、こういった葉酸サプリはしっかり摂取しましょう。

次の

名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介

赤ちゃん 名前 付け方

赤ちゃんの名付け!名前の付け方の基本的なポイント5つをご紹介! 2018年7月11日 こそだてハック 出産が近づくにつれて、「赤ちゃんの名前はもう決めた?」と聞かれるママやパパは多いのではないでしょうか。 すでに決まっている人もいれば、迷いに迷っている人、生まれてから決めるつもりの人など様々ですよね。 今回は赤ちゃんの名付けについて、いつまでに名前を決めたらいいのか、名付けの決まりやポイント、姓名判断のやり方をご紹介します。 赤ちゃんの名付けとは?いつまでに決めたらいいの? 赤ちゃんの名付けとは、生まれてきた赤ちゃんに名前を付けること。 赤ちゃんにとっては、生まれて初めてママやパパからもらうプレゼントともいえます。 赤ちゃんが誕生したら、14日以内に赤ちゃんの名前を記入した出生届を役所に提出しなくてはいけないため、それまでに名前を決める必要があります。 関連記事 赤ちゃんの名付けの決まりごとは? 赤ちゃんに名付けでは、一般的に「親しまれやすい」「読みやすい」「聞き取りやすい」「書きやすい」名前が推奨されています。 名付けの基本的な決まり 戸籍法により以下のような決まりもあるので、名付けするときに確認してくださいね。 常用漢字と人名用漢字を使う 出生届の提出をすると、名前に使える字を用いているか、非常識な名前ではないかの審査があります。 使える文字は、漢字・ひらがな・カタカナに限られ、常用漢字表と人名用漢字表に載っている漢字を使用することができます。 読み方は自由に付けられる 漢字については常用漢字と人名用漢字以外は使うことができませんが、読み方に関しては特に決まりはありません。 「名乗り」といって名前に適用する漢字であれば、それを何と読ませることもできます。 関連記事 赤ちゃんの名付けをするときのポイントは? ここでは、赤ちゃんの名付けをするときのポイントを5つご紹介します。 一番優先したいポイントはどれか、次に大切なポイントはなにかを考えながら名前を考えてみてくださいね。 響き 音の響きを重視して赤ちゃんの名前を決めるのは、名付けのなかでも特にポピュラーな方法です。 たとえば、サ行を使った「さら」「しずか」「そうた」などは、爽やかなイメージ、ラ行を使った「らん」「りん」「れい」などは女の子の場合は可憐な、男の子の場合は凛々しいイメージを受けますよね。 名前は紙に書くよりも声に出して呼ばれることの方が多いもの。 赤ちゃんが大きくなったときに家族や友達から呼ばれている姿を想像しながら、響きをポイントに名付けしてみるのもいいですね。 関連記事 赤ちゃんの名付けでよく聞く「姓名判断」とは? 赤ちゃんの名付けをするときに、「姓名判断」を用いる人もいます。 姓名判断にはいくつかの方法がありますが、基本的には姓と名それぞれに使用している字の画数の組み合わせによって運勢や吉凶を占います。 前述の5つのポイントをもとに名前の候補が決まったら、姓名判断をしてみるのもいいですね。 姓名判断で使う5つの画数の意味 1. 天格(祖格):姓の総画数で、晩年になるほど影響力がある。 人格(主格):姓の最後の字と、名の第一字を足した画数で主運となるもの。 地格:名の画数の総画数で、幼年期の運勢をあらわす。 人物の成長過程に強い影響を与える。 外格:総格から人格を引いた画数。 対人関係・社会的環境一般の運勢となるもの。 総格:姓・名の総画数で、晩年の運勢に大きく影響する。 姓名判断で凶または吉とされる画数 天格や人格などの画数によって、下記のように凶や吉と判断します。

次の